2007年12月21日

名探偵コナン実写〜工藤新一の復活!黒の組織との対決

コナン実写版第2弾です。

結構批判意見も多い中、
そして、個人的に比較的ドラマが好きじゃない中、
コレはストーリー的にもまずまずだったと思います。

役柄も、わりと適役た多かったんじゃないかな。
しいて言えば蘭がもうちょっとスレンダータイプの
カッコイイ系でもよかったかなと思うくらい。

子役が吹き替えのもなんとなく納得。

ナディアちゃん的意見ですが、
日本の俳優は話題性ばかりで、本当に上手な演技をする
俳優というのはごく一部じゃないかと思う。
その点で言えば、今回のこのドラマは、
あんまり白々しい演技がなかったので安心して見れた方かな?

蘭、新一をずっと信じて待っていてね♪

【関連する記事】
posted by ナディアちゃん at 08:56| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蘭ちゃん役の子、空手やってるようには見えないよね(笑)
ほわわーんとして、可愛かったけど。

新一の「バーロォ」を実際に言うのを聞くと、
ちょっと変な気がした(笑)
声優さんはやっぱり上手いんだねぇ。

ドラマもいいけど、また新作のアニメを観たいな(*゚ー゚*)
Posted by hana at 2007年12月21日 22:16
>はなさん
そうそう!蘭の子はほわーんとしてかわいいけど、
蘭のイメージじゃないんだよね(T_T)

「バーロォ」の違和感はそれか!
なんか違和感をずーっと感じてたの。
ハマってるようなハマってないような(笑)

うん、アニメがいいね。
これからちょっと面白い方向に進んでいくし・・・
(私はコミックスで先読みしちゃうけど・笑)
Posted by ナディアちゃん at 2007年12月25日 09:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73867557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。